[ タダシップ関連記事 ]

知っておきたいタダシップの副作用のこと

知っておきたいタダシップの副作用のこと
このページを読んでいる方は、これからED治療薬タダシップの服用を開始するぞ!と意気込んで、ED改善効果に期待を膨らませていると思います。

確かにタダシップのED改善効果は間違いないので、素晴らしい効果が期待できるでしょう。

しかし、タダシップもお薬なので副作用があります。
そう聞くと心配かもしれませんが、おびえる必要はありません。
タダシップを服用する前に、タダシップの副作用とは一体どんなものかを知っておけばその不安は軽減されます。

ここでは、タダシップの副作用による症状や副作用を最低限に抑える方法をご紹介していきます。

タダシップの副作用はどんな症状?

タダシップの副作用は、主に頭痛・潮紅(顔や全身に赤みがでること)・ほてり・消化不良など。
発症する確率としてはどれも2~10%ほどなので、さほど気にするようなものではありません。

これらの症状がなぜ発症するかというと、タダシップの有効成分タダラフィルが血管を拡げて血行を良くしているから。
つまり、これらの症状があらわれるということは、薬が効いてきているということでもあります。

頭痛などがあまりにもひどい・耐えられないという場合でしたら無理せずに市販の痛み止め(ロキソニンなど)や頭痛薬を飲んでも大丈夫!
タダシップの効果が薄れることはないので、健康を優先して薬を併用しましょう。

ただし、そういった薬は空腹時に飲むと胃が荒れてしまう可能性もあるため、さらに胃薬も併用すれば万全です。

タダシップの副作用を最低限に抑える方法

副作用の発症率が低いとはいえ、できる限りその発症率をもっと下げたい!という方のために、タダシップの副作用を最低限に抑える方法を紹介します。

・お酒と一緒に飲まない
タダシップはメリットとしてアルコールの影響を受けにくいこともあげられており、そちらも人気の理由のひとつ。

バイアグラやレビトラはアルコール禁止なので、タダシップは画期的なED治療薬なのです。

ただし、アルコールの摂取しすぎはいけません。
副作用が強く出てしまう原因になりうるので、控えめかもしくは一切飲まないようにしましょう。

・少量で飲む
タダラフィルの含有量が多いと、初めは副作用が強く出すぎてしまう可能性が!

20mgから始めるのではなく、10mgや5mgから始めて身体が慣れてきたら徐々に増やしていくのがベター。

もう20mgを買ってしまったという方でも、ピルカッターなどで半分にカットすれば問題ナシ!

カットしたからと言って品質が落ちるといったいこともありませんので、安心してくださいね。