[ ED関連記事 ]

イヤーなEDを治す方法

イヤーなEDを治す方法
EDとは、勃起不全のこと。
今まではインポテンスと呼ばれていましたが、差別的であるとされ最近ではEDと呼ばれています。

そしてその定義は、「十分な勃起に達しないため満足のいくセックスができない。または維持ができない。」なので、今は無縁だとしても誰にでもEDになる可能性が…
いずれにせよ、セックスができないのは男性にとっても女性にとっても最悪。

さらにそのEDの患者数は、軽度の方も合わせるとなんと1130万人以上いるとされています。
原因は心理的なものや身体の機能的なものなど様々ですが、幸いなことにそのほとんどが治療可能!
治せるものなら一刻も早く完治させたいですよね。

このページでは、ED治療に効果のある2つの方法についてご紹介します。

生活習慣を改める

ED治療の第一歩は、まずは心身共に健康になるということ。

糖尿病の疑いがあったり、血圧が高めだったり肥満体形や運動不足だったりするとEDになる確率は飛躍的にあがってしまいます。

そのため、まずはED治療どうこうよりも健康体を目指すこと!
喫煙・飲酒などの生活習慣を改め、早寝早起きの規則正しい生活を心がけるだけでも症状はかなり改善するはずです。

その他にストレスが原因の場合は、ストレス対策をしたり原因を取り除く努力をしたりするなどがオススメです。

これらを日常的に意識すれば、間違いなく現在よりも問題は解決するでしょう。

ED治療薬に頼る

生活習慣を改めストレス対策なども行なった上で、まだEDが思うように改善しないという方にはED治療薬の服用がおすすめです。

薬の服用ときくとなんだか抵抗がある方もいるかもしれませんが、最近ではポピュラーなED治療方法なんですよ。

「飲むだけで治る」ならカンタン・お手軽で最高ですよね!

そんなED治療薬は、大きく分けてバイアグラ系・レビトラ系・シアリス系の3種類に分けられますが、どれも無理やり勃起させるといったものではありません。
性的な刺激や興奮によって勃起するので、あくまでもタイミングは自然。

まるでEDではないかのように勃つので、パートナーに薬の服用がばれない可能性も!
これは嬉しい効果です。

そしてそれぞれ有効成分が異なるので、効果や副作用などの特徴は少しずつ違ってきます。
一概にどれが一番いいとは言えないので、自分に合った治療薬を見つけるといいでしょう。

また、それぞれにはお求めやすい価格のジェネリック医薬品も種類がたくさんあるので、薬の服用を続けると言ってもお財布に負担なく続けることができるので安心です。