[ ED関連記事 ]

知っていましたか?EDはこんなにも女性に不評

知っていましたか?EDはこんなにも女性に不評
セックスには、円満で良好な男女関係を続けるにあたり重要な役割がありますよね。

しかしED(勃起不全)になると勃起しなくなるので、お互い満足のいくセックスができなくなってしまいます。
(ちなみに、全く勃起しない場合はもちろん、勃つけど最後までできないといったパターンも軽度のEDなんですよ!)

こういったことで男性が自信を失くしてしまうのは当然と言えますが、実は女性の自信も同時に失ってしまっている…という事実をご存知でしたか?

パートナーのEDは女性にとっても非常に深刻な問題なのです。

EDが辛いのは男性だけではない

パートナーが慢性的なEDになると、大半の女性はネガティブな印象や考えを持ちます。

・私にはもう魅力がないの?
・他で性欲を解消してるからこんなことになるのでは?
・子どもが欲しいのにどうしてくれるの?
・なんと声をかければいいか分からない、対応に困る
・せっかく楽しみたいのに萎えられると不快
・情けない、役立たず!

このように、男性のEDは女性の自信をなくしたり男性を責めたりする気持ちを生んでしまいがち。

これらの意見に共通するのは、「女性を不安な気持ちにさせてしまう」ということ。
女性は感情の生き物なので、EDというひとつのきっかけを発端に次から次へと悪い妄想を膨らませてしまうのです。

なんでも話し合える関係であれば二人の関係悪化の問題解決の糸口は見つかるかもしれませんが、こういったデリケートな話題だとなかなか難しいですよね。

EDがきっかけで浮気や不倫に走ることも

ある調査によると、EDの夫や彼氏を持つ女性の10人に1人は実際に不倫や浮気の経験があるとのこと。

パートナーのEDにより自分の魅力に疑問を感じてしまったり、単純に満足のいくセックスがしたくなったりして他の男性と関係を持ってしまうのでしょう。

その他にも気持ちに溝ができたり、子どもが欲しい女性にとっては年齢的にタイムリミットでこの上なくストレスに感じたりして、別の人に走ってしまうこともあるようです。

こういった不倫や浮気の根本的な原因が、男性側のEDからこじれた問題ならばEDは一刻も早く改善しておくべきですよね。

今の時代、EDは治すことのできる症状です。しかも、治療薬はネット通販で簡単に手に入れることができます。

パートナー関係が修復不可能なほど手遅れになる前に、男性自身がEDと向き合いEDを改善していくというのがベストな選択でしょう。